ururua

使える!?英語コラム

  • ショッピングで便利に使える英語表現

    英会話の最初の一歩はまず「挨拶」、Hello! からですね。ではその次は?英会話に興味を持つ人、特に女性の多くがこの質問に「ショッピングで使える英会話」と答えるそうです。

    海外旅行に出かけると、ショッピングも大きな楽しみの一つとなります。そこで今回は、買い物をする際に便利に使える英語表現をご紹介します。

    ■Just looking.
    ショッピングの楽しみは買うことだけでなく、見ることにもあります。

    でも、店に足を踏み入れた途端に、店員さんがピッタリと付いてきたり、あれこれと商品をすすめられたりすると、自分のペースで楽しめなくなることもあります。

    そんな時に便利な表現がJust looking.「見ているだけです」という意味です。Just looking, thank you.「見ているだけです。ありがとう」と言うと、丁寧な印象を与えます。

    ■Can I have a look? / Can you show me that?
    高級そうな店やほかに客がいない静かな店など、入りにくくて落ち着かない店もあります。

    そんな時は、店の入り口でCan I have a look?「ちょっと見せてもらえますか?」と声をかけましょう。店内に入って手に取ってみたい商品がある時には、Can you show me that?「あれを見せてもらえますか?」と言うと、店員さんが商品を見せてくれます。

    ■Can I try this?
    洋服や靴など、身に着けるもののショッピングでは試着が必要になります。「試してみてもいいですか?」はCan I try this? で表現できます。

    さらに、違うサイズがほしい、ほかの色を見せてほしいといった希望がある時には、Do you have a smaller(bigger)size?「小さめ(大きめ)のサイズはありますか?」とか、Can you show me another color?「ほかの色を見せてもらえますか?」と尋ねてみましょう。

    ■I'll take this one.
    気に入ったものを見つけることができたなら、「これにします」I'll take this one.と、「私には合わないみたい」なら、I'm sorry it doesn't fit me.と告げます。

    また、「ちょっと考えてみます」と伝えたいなら、I'll think about it.と表現します。あとで戻ってきて買いたいときは、「これを取り置きしてもらえますか?」Can you keep this for me?と言って頼んでみましょう。

    こうして見てみると、ショッピングで使う基礎的な英語表現のほとんどは中学校などで習った英単語です。よく知っている単語からこそ、堂々と使いこなして、ショッピングをしながら店員との会話も楽しみたいですね。

    ウルルアボトル

  • 前のコラムを読む
  • コラム一覧へ

Information

  • LINE