ururua

使える!?英語コラム

  • 秋に行われる祭りやイベントの英語表現

    日本では、夏から秋にかけて全国各地で祭りが行われます。一方、海外でも秋に行われる祭りが数多くあります。特に秋は、昔も今も人が生きていく上でもっとも重要な「食」につながる収穫を祝う習慣があるからでしょう。

    今回は、そんな秋に行われる祭りやイベントの英語表現をご紹介します。

    ■Autumn Festival
    まさに「秋祭り」そのものを表現できる英語です。ヨーロッパ各地では、大規模な収穫祭として開催され、ジャガイモやカボチャなどの農作物の品評会、即売会など収穫に直接結びつくイベントのほか、オーケストラによるコンサート、ダンスイベントなども行われることが多く、地域全体で盛り上がります。

    アメリカでもAutumn Festivalは開催されますが、ヨーロッパに比べると少し規模は小さめで、村や町、市単位のアットホームな手作り感覚の祭りの場合が多いようです。

    ■October Festival
    秋の収穫が終わった頃、集まってビールを飲んで騒ごうというお祭りです。October「10月」と呼ぶのは、最初のドイツのビール祭りが10月に行われたことに由来しているそうです。ドイツで始まり、現在では世界各地のビール好きたちにとって毎年のお楽しみとして親しまれています。

    英語ではOctober Festivalと2語ですが、本場ドイツではOktoberfestと1つの単語。このドイツ語がそのまま英語としても通用しています。In the Oktoberfest, people sometimes drink too much beer.「オクトーバーフェストでは、人々は時にビールを飲みすぎてしまいます」。

    世界から本場のオクトーバーフェストを楽しもうと訪れる観光客は、あまりの酔っぱらいの数の多さに驚くようです。

    ■Halloween
    Trick or Treat? 「いたずらする? お菓子くれる?」の呼び声で知られるハロウィーン。元々は宗教的な意味合いを持つイベントですが、今ではほとんどのその影響はなくなり、シンプルに仮装をして楽しみ、お菓子を集めるお祭りとなっています。

    子どもたちの掛け声はTrick or Treat!ですが、大人はHappy Halloween!「楽しいハロウィーンを!」と声を掛け合います。また、カボチャをくりぬいてつくる提灯も定番となっています。I will make a jack-o`-lantern with my friends for Halloween.「ハロウィーンには友だちとカボチャ提灯を作ります」のように、大きなカボチャをくりぬいた提灯を玄関先に並べ、ハロウィーン気分を盛り上げます。

    ■Thanksgiving
    秋も深まった頃、冬一番のイベントであるクリスマスの前哨戦的な祭りがこのThanksgivingです。日本語では「感謝祭」と呼ばれるこの祭りは、毎年11月の第4木曜日にあたり、アメリカやカナダでは祝日となり七面鳥を食べる習慣があります。

    Thanksgivingは、ヨーロッパ各地からアメリカ大陸へと移住してきた移民たちが、現地での最初の収穫を祝い、神に感謝を捧げた宗教的なイベントを起源としていて、主にアメリカとカナダで祝われるイベントです。現代は、収穫祭としての意味合いは薄れ、アメリカ全土、または世界中に散らばった家族や親族が集まって一緒に食事をして親睦を深める日として大切に扱われています。

    I will go back to my hometown to see my family for Thanksgiving Day every year.「毎年感謝祭には、家族に会うため故郷に帰ります」。クリスマスと同じくらい大切なイベントとして位置づけられているようです。

    日本では「食欲の秋」とも呼ばれるこの季節。世界各地のイベントを取り入れて、ある時は友人とビールで、ある時は家族と月見をしながら秋の食材を楽しむ、そんな機会を持つのもいいですね。

    ウルルアボトル

  • 前のコラムを読む
  • コラム一覧へ

Information

  • LINE