COLUMN 英語コラム

美容整形・美容医療に関する英語表現

2018.12.10

近年は、美容整形・美容医療の技術が進歩し、美しくなりたいという女性を中心に世界的に施術を行う人が増えているようです。日本でも頻繁にテレビCMが流れ、美容整形に関する情報に触れる機会が増えています。そこで今回は、美容整形に関する英単語や英語表現をいくつかご紹介します。

■レーザー脱毛 laser hair removal
この表現はほぼ日本語と同じなので使いやすいですね。I will take whole body laser hair removal before spring comes .「私は春が来る前に全身のレーザー脱毛を受けます」という人もいるかも。

脱毛は毛の生えかわりサイクルに合わせての長期計画が理想的だともいいます。冬の間にスタートすれば、春には余裕のツルピカ肌で半そでやショート丈のオシャレを楽しめそうです。

■シミ取り spot removal
紫外線対策は万全を心がけたはず。それでも、小さなシミやそばかすを完全に予防するのは難しいですね。鏡をじっくりと覗き込むと、普段は気づかないような小さなシミが気になってくるものです。そんな時には、I’ll try spot removal for my freckles.「そばかすにシミ取りを試してみるつもりです」。

spot removalは部分的なシミ取り治療全般を指す言葉。例えば、chemical peelで薬品を使ってのケアもあれば、laser skin rejuvenationでレーザー照射法もあります。

■脂肪吸引 liposuction[lìpoʊsˈʌkʃən]
日本ではそこまで身近とはいえませんが、欧米ではliposuction「脂肪吸引」を行う人も多いようです。太いかなと気になる部分の脂肪をギュイ~ンと搾って抜いてしまうものです。People says that liposuction is one of the most effective slimming surgery.「脂肪吸引はもっとも効果的な痩身術の一つといわれています」。確かに見た目は変わりそうですね。

■二重まぶた整形手術 double-eyelid surgery
一説によると日本人の60~75%が二重まぶただといわれています。一重まぶたの持ち主は二重まぶたに憧れることが多く、そのための奥の手的な市販グッズが人気を集めています。また、二重まぶたを作るための手術も、ほかのcosmetic surgery「美容整形」に比べると身近ですね。

I had double-eyelid surgery last month.「私は先月二重まぶた整形手術を受けました」のように表現します。

美容関連の用語には、本来の英語をもとに日本人が使いやすようにカタカナ英語として取り入れられたものが多くあります。美容医療先進国であるアメリカの影響が大きいのでしょう。ただ、日本に入ってきたそれらの英単語は日本語と混ぜ合わされ、日本独自の表現が作られる傾向があります。英語圏の人と美容関連の会話をする際には、正しい英語表現を学んでおくようにしたいですね。